やまがた食産業クラスター協議会

6次産業化応援します!やまがた食産業クラスター協議会

【終了しました】県産米「水挽き米粉」活用プロジェクト〜技術研修会開催と研究会設立のご案内〜

近年、米粉は、小麦粉の単なる代替素材としてではなく、米粉の特性を活かした様々な食品の原料として用いられています。しかし、上質な米粉を製粉するには、高価な製粉機をそろえる必要があるほか、委託製粉を行う場合でも大ロットでの発注が前提になるなどの課題があります。
農業総合研究センターでは、高価な機械や設備を使わず、しかも高品質で加工しやすい米粉を製粉する技術と、それを素材とした加工品の製造技術の開発研究に取り組んできました。「水挽き米粉製造技術」です。研究途中ではありますが、ローコストで簡易な米粉の製造と製品化のめどが立ってきました。
本技術の確立と多様な商品への活用にむけた現地実証を行うため、研修会を開催し、本技術を用いた製品化を図ろうとする事業者の皆さまで組織する研究会を設立します。関係事業者の皆さまの奮ってのご参加をお待ち申し上げております。
                              「山形県農業総合研究センター所長」



▼チラシ(PDF)


≪水挽き米粉技術研修会について≫
【日 時】 
第1回:平成25年8月27日(火) 13:00〜
第2回:平成25年9月10日(火) 13:30〜

【場 所】
山形県農業総合研究センター本所(住所:山形市みのりが丘6060-27)
【参加費】
無 料
【【お申込み】
参加申込用紙に必要事項をご記入の上、FAX又はE-mailでお申込み下さい。
◆第1回(平成25年8月27日)
13:00 ガイダンス
13:10 講演「米粉研究の最前線(仮題)」
      講師 宮城大学 教授 大久長範 氏
14:20 「水挽き米粉」の紹介・実演
16:30 閉会

◆第2回(平成25年9月10日)
13:30 ガイダンス
13:40 「水挽き米粉」試作加工品の求評会
16:00 閉会

【お申込み期限】
平成25年8月21日(水)
【お申込み先】
山形県農業総合研究センター 食品加工開発部宛
TEL:023-647-3533 FAX:023-647-3534



≪米挽き米粉研究会(仮称)」の会員募集について≫
【目 的】
水挽き米粉を素材とした商品開発について、事業者間の情報交換や試作等の技術研修を行う。研究会には、当農総研の研究者も、随時、参加することにしています。
【加入要件】
▼研究会の活動に関心のある食品加工業、農産加工業、飲食店等の事業者。
▼会員名簿を作成し、その情報を会員間で共有することをご了解いただける方。

【申込方法】
参加申込用紙に必要事項をご記入の上、事務局にFAXで提出下さい。
E-mailでの申込も可能です。
【参加経費】
■会費は無料です。
■個別に行う試作材料費等は自己負担となります。
※研究会に加入し商品開発を行う方には、「試作用水挽き米粉」を無償提供します(数量限定)。後日(第2回研修会等)結果報告をお願いします。

【お問い合わせ先】 
山形市みのりが丘6060-27
山形県農業総合研究センター 食品加工開発部  遠藤・鬼島 
TEL:023-647-3533 FAX:023-647-3534

E-mail:endomas@pref.yamagata.jp












2013/08/08 09:43 (C) やまがた食産業クラスター協議会
やまがた食産業クラスター協議会

〒990-0041 山形市緑町一丁目9番30号 TEL:023-679-5081 FAX:023-679-5082
ペロリンペロリン
「ペロリン」は山形県農産物等統一シンボルマークです。

合計3,247,133件 (2010.02.03〜) 記事1,013頁 今日1208件 昨日974件 [login] Powered by samidare