やまがた食産業クラスター協議会

6次産業化応援します!やまがた食産業クラスター協議会

平成25年度農林水産省6次産業化事業について

平成25年農林水産省予算の概算決定の概要が公表されました。6次産業化関連に関する事業のうち、主なものを紹介します。
■農山漁村の所得増大対策【3,743(3,639)百万円】
【対策のポイント】
農山漁村の所得や雇用の増大、地域活力の向上を図るため、農林漁業成長産業化ファンドを本格始動するとともに、農林漁業者と多様な業種の事業者が連携して行う地産地消等の取組に必要な施設整備や新商品開発・販路開拓、知的財産を活用した新しいビジネスモデルの構築等の取組を支援

◇主な内容
■1)農林漁業成長産業化ファンド35,000百万円(財投)】
(H24、25の総契約規模1,100億円)
新たに設立される株式会社農林漁業成長産業化支援機構を通じて、農林水産物等の特色を活かしつつ、1次産業から2次・3次産業を通じて消費者までのバリューチェーンを築く事業活動に対し、資本の提供と経営支援を一体的に実施
○出資25,000百万円(産投出資)
○融資(劣後ローン) 10,000百万円(産投貸付)
○事業実施主体:(株)農林漁業成長産業化支援機構
◇農林漁業成長産業化ファンドに関する問合せ先
 食料産業局総務課ファンド企画室(03-6744-1519(直通))

■2)6次産業化支援対策3,743(3,639)百万円
(1)6次産業化ネットワーク活動交付金2,172(−)百万円
地域における農林漁業者と食品事業者、流通業者、観光業者等の多様な事業者とのネットワーク構築を通じた地産地消、6次産業化等の取組を推進するため、取組を先導する人材の育成・派遣、ネットワークによるプロジェクトの調査・検討、プロジェクトに必要な機械・施設整備や新商品開発・販路開拓等の取組を支援
○交付率:都道府県への交付率は定額
(事業実施主体へは事業費の1/2、2/3、定額(支援体制))
○事業実施主体:都道府県、市町村、民間団体等
※地域内において農林漁業者、異業種事業者がネットワークを構築し、ハード・ソフト等の事業を実施する場合に支援を受けられます。
6次産業化活動ネットワーク交付金概要(pdf)
6次産業化ネットワーク活動交付金イメージ(pdf)

■2)6次産業化支援事業1,443(3,639)百万円
・6次産業化に取り組む農林漁業者等に対し、経営の発展段階に即した個別相談等を実施するための体制整備を行うとともに、農林漁業者等による新商品開発や販路開拓等の取組を支援
・六次産業化・地産地消法等により認定された農林漁業者等が、当該事業計画を推進するために必要な農林水産物の加工・販売のための機械・施設、生産機械・施設等の整備を支援
○補助率:1/2、2/3、定額
○事業実施主体:民間団体等
※六次産業化法の認定を受けた農林漁業者が主な対象です。
ハードは、認定を受けた農業者団体のみが対象
ソフトは、認定を受けた農林漁業者は補助率2/3と優遇
6次産業化支援事業(pdf)
6次産業化支援事業イメージ(pdf)

6次産業化支援事業に関する問合せ先
東北農政局事業戦略課(022-221-6146)

2013/01/31 15:15 (C) やまがた食産業クラスター協議会
やまがた食産業クラスター協議会

〒990-0041 山形市緑町一丁目9番30号 TEL:023-679-5081 FAX:023-679-5082
ペロリンペロリン
「ペロリン」は山形県農産物等統一シンボルマークです。

合計3,102,503件 (2010.02.03〜) 記事997頁 今日315件 昨日1213件 [login] Powered by samidare