やまがた食産業クラスター協議会

6次産業化応援します!やまがた食産業クラスター協議会

【終了】8月24日(金)やまがた米粉利用技術研修会について

2012/07/26 13:35/【終了】8月24日(金)やまがた米粉利用技術研修会について
近年、微細に粉砕した米粉が、お菓子やパン、めんなど、
小麦の代わりに使うことができるようになり、食糧自給率向上や環境保全の観点からも、その利用の拡大が期待されています。
小麦と比べ硬い米は、もともと粉砕しにくいものなので、このような微粉砕の米粉は、現在、各メーカーがさまざまな方法で製粉しています。
このため、ひとくちに“米粉”といっても、その特徴は多様であることが、近年の研究により分かってきました。


おいしくて、長くお客様に愛される米粉食品づくりには、このような米粉の特徴をしっかりと捉え商品開発を行うことが肝心です。そこで、今回、米粉の特性とそれをふまえた加工法について、全国及び県内の有識者がご紹介します。


今後、米粉に関する各企画としては、
やまがた米粉Xmasケーキキャンペーン(12月)
やまがた米粉食品コンクール(1月)
やまがた米っ粉フェスタ(2月)
んまい!やまがた米粉食品キャンペーン(2〜3月)
を予定しており、それに向けたさらなる商品力向上のためにも、お役立ていただけると幸いです。


ぜひ御参加ください。
 


【日 時】 
 平成24年8月24日(金) 13:30〜16:00

【場 所】
 山形県農業総合研究センター大会議室
山形市みのりが丘6060-27、電話023−647−3500)

【主 催】
 山形県、山形県米粉利用拡大プロジェクト推進協議会、山形県農産加工開発研究協議会

【対 象】
 米粉の製造者・販売者、米粉食品の製造・販売者、飲食店、その他関係者

【内 容】 




【お申込み・お問合せ】
申込フォームまたはチラシに必要事項をご記入のうえ、
8月17日(金)までに山形県農林水産部新農業推進課までお申込みください
(参加は無料です。ご参考まで実施要領もご一読ください。)。

【担 当】
 山形県農林水産部新農業推進課(佐藤、眦茵
 電話:023−630−3192 FAX:023−630−2431
2012/07/26 13:35 (C) やまがた食産業クラスター協議会
やまがた食産業クラスター協議会

〒990-0041 山形市緑町一丁目9番30号 TEL:023-679-5081 FAX:023-679-5082
ペロリンペロリン
「ペロリン」は山形県農産物等統一シンボルマークです。

合計2,914,123件 (2010.02.03〜) 記事977頁 今日425件 昨日1486件 [login] Powered by samidare