やまがた食産業クラスター協議会

6次産業化応援します!やまがた食産業クラスター協議会
 農林水産業と食品製造業等との連携を図り、消費者の多様なニーズに対応した新たな価値を備え、県内外で認知され、数多く購入してもらえる商品開発を促進するため、県産農林水産物を主な原料として製造された加工食品の優良事例を顕彰し、原料として使用される本県の豊かな農林水産物の需要を拡大し、本県農林水産業の発展を図ることを目的とし、本年度も開催することといたしました。
 山形県産の食材を主な原料として製造された加工食品を募集していますので、たくさんのご応募お待ちしております!!!

◇ 開催要領(PDF)  ◇


【日 時】
令和元年8月2日(金)

【場 所】
山形県学校給食総合センター内(山形市銅町1-2-12)

【募 集】
(1)資格要件
県内食品製造業者、農産加工事業者など

(2)対象食品
県産農林水産物を主な原料とし、県内で最終製造された加工食品で過去3年以内に製品化されたもの。ただし、アルコール飲料(リキュール類を含む)は除きます。
※海産物については県内漁港で水揚げされたものを主な原料とするもの。
※過去に本コンクールで入賞した食品の応募はできません。

(3)出品食品数
1者3点以内

(4)募集部門
(読門 豆・そば類部門 2娘舵門 ぬ邵據山菜・きのこ類部門 
ッ棔水産物部門 

(5)募集期間
令和元年6月10(月)〜7月12日(金)

(6)応募方法
応募申請書(Excel版) に関係書類を添えて、下記の申込先まで電子メールで提出してください。
E-mail:food2@y-cluster.jp
※電子メールが困難な場合は、申込先まで御相談下さい。

【食品搬入(搬入時間(各部門共通))】
8月2日(金)午前9時40分〜午前10時20分
※搬入場所はいずれもコンクール会場
(保存性のある食品については7月31日(水)までに当協議会事務局へ持参又は郵送にて搬入を行ってください。)
(詳細については、開催数日前に文書にてご連絡いたします。)

【申込先】
〒990−0041 山形市緑町1-9-30 緑町会館3階
やまがた食産業クラスター協議会(担当:蔵増)
TEL:023-679-5081 FAX:023-679-5082
E-mail:food2@y-cluster.jp
2019.06.12
この度、山形県米粉利用拡大セミナー 〜米粉活用による食物アレルギー対応と米加工・利用の技術〜を開催します。米粉に興味のある一般の方の参加も可能ですので、是非、御参加ください!

◇ チラシ(PDF) ◇


【日時】
令和元年7月4日(木) 14:40〜16:00

【場所】 
山形県自治会館201会議室(山形市松波4-1-15)

【内容】 
〇講演 : 米粉活用による食物アレルギー対応
       〜みんなと一緒においしいデザートを〜
         講師 : 日東ベスト株式会社 研究部食品研究課
               研究員 倉兼 静江 氏
        (略歴) ・岩手大学連合大学院農学研究科 博士課程修了
            ・山形県立米沢女子短期大学 健康栄養学科 助手    
            ・山形大学農学部 研究員
            ・現職
             現在、米粉を原料にした乳・卵・小麦抜きの食物アレルギーに配慮した食品の開発を担当

〇情報提供 :  農業総合研究センターにおける県産米の米加工・利用に向けた技術開発について
         講師 : 山形県農業総合研究センター 食品加工開発部 
               専門研究員 勝見 直行 氏
         (略歴) ・平成21年度入庁、現所属
         (研究テーマ) 県産米の加工利用技術、米糠の麹・乳酸発酵技術 等

【参加料】  
無料 (※要申込)

【参加料】 
申込書(PDF)にご記入の上、6月27日(木)まで山形県農林水産部6次産業推進課までFAXでお申込下さい。
FAX:023−630−2431 (担当 : 山形県農林水産部6次産業推進課 足達)

【お問い合わせ】 
主催 山形県米粉利用拡大プロジェクト推進協議会 ・ 山形県
〒990−8570 山形市松波2−8−1
TEL:023−630−3192  FAX:023−630−2431

2019.06.10
 山形県と宮城県の官民連携により、豊かな食材に恵まれた山形・宮城両県で生産・加工された食料品を対象とするビジネス商談会を開催します。県内外への新たな市場開拓と販路拡大を図る機会として、また、新商品発掘のチャンスとして、ぜひご参加ください。

◇ 出店者募集チラシ  
◇ 仕入企業募集チラシ

【開催日】
令和元年11月6日(水)10:30〜17:45

【会 場】
仙台国際センター(宮城県仙台市青葉区青葉山無番地)

【募集対象】
納入企業:原則、山形・宮城両県のいずれかに事業所を有する食品製造業 70社程度
仕入企業:食料品を取り扱う小売業、卸売業、外食産業等事業者 70社程度

【募集期間】
令和元年6月3日(月)〜令和元年7月9日(火)

【参加費】
〇納入企業
 ・商談(展示商談、個別面談商談)
  (a) 1小間(展示台幅90cm×奥行90cm) 30,000円
  (b) 2小間(展示台幅180cm×奥行90cm)50,000円
参加費には、個別面談商談の参加費を含みます。また、展示商談で主催者が用意する備品等は、システムパネル、展示台、社名表示板、電源(100V×1500W×2口)になります。
〇仕入企業
無料
※交通費、駐車料、運搬費、各自で準備すべき備品及び消耗品等に係る費用は、納入企業・仕入企業とも各自の負担となります。

申込書(納入企業(出展者)用)
申込書(仕入企業(バイヤー)用)

【受付先】
やまがた食産業クラスター協議会、山形県農林水産部6次産業推進課、株式会社山形銀行

▼詳しくは山形県HPをご覧ください。
2019.06.03
 農業者や食品製造業者等の新たな加工品開発を支援することを目的とし、山形県農業総合研究センターに整備した「食品加工支援ラボ」を活用して、食品加工技術、衛生管理、食品加工機器操作及び県が開発した食品加工技術移転等についての研修会を開催します。

◇ 開催要領 ◇


【研修会の概要】
・第2回 6月25日(火) 10:00〜15 : 00
レトルト食品の製造のポイント・レトルト殺菌器を使った米飯製造・包装資材の基礎
・第3回 7月17日(水) 13:00〜16:00
カップ入りゼリーの製造のポイント・カップシーラー等を使った菓子製造・ゲル化剤の基礎
・第4回 7月30日(火) 13:00〜16:00
販売から見た商品開発のポイント・ドラムドライヤー、温風乾燥機等を使った果実'野菜の乾燥品の製造

【会 場】
山形県農業総合研究センター「食品加工支援ラボ」
(山形市みのりが丘6060-27)
※各回の開始時刻までに食品加工支援ラボ「研修室」に集合ください。

【対 象】
県内の農業者・団体、食品製造関係事業者・団体、関係者等

【参加申込方法】
参加申込書に、必要事項を記入し、各研修会の6日前までにFAXで送信してください。

【定 員】 先着順(20名)にて申込みを受け付けます。
※参加希望者が多数の場合、各事業者からの参加人数を制限させていただく場合がありますので、御了承ください。
※開催日時は都合により変更することがあります。
※参加申込書を受信した後、申込確認書を折り返しFAX等でお送りします。この確認書をもって受付完了とさせていただきます。

【受講料】 無料

【当日に持参いただきたいもの】
食品加工専用作業衣(白衣等、くつ下着用必須)。

【お問い合わせ】
農業総合研究センターを品加工開発部 健品加工巧談窓口)
TEL:023‐647‐3517  ※メール等での受付けはいたしません。

2019.05.31
 ジェトロ山形では、特にこれから初めて輸出をお考えの方や貿易取引に関する基礎的な知識を再確認したい方等を対象に貿易実務講座を開催します。
 今回は1日完結の講座となり、特に小口の輸出を始めるにあたって必要となる基本的な貿易実務の知識をわかりやすくご説明します。また、テーマごとにグループワークによる演習の時間を設け、更に理解を深めていただく内容となっています。

【日   時】 令和元年7月2日(火)10:00〜17:00

【場   所】 ビックウイング 研修室 (山形市平久保100)

【主   催】 ジェトロ山形

【内   容】
<第1部> 貿易の仕組み
        国内取引との違い、輸出入の流れ、輸出入のコスト、直接輸出と間接輸出の違い
<第2部> 輸出実現へのステップ
        規制や関税の調べ方、商談資料の準備、取引条件の提示、決済方法と手数料
<第3部> 貿易に関わるリスク対応と契約 
        物流や代金回収、知的財産権、PL訴訟等の考慮すべきリスクとそのリスク対策、
        英文契約書
<第4部> 貿易のコスト低減
        国際輸送コストの低減、EPA/FTAの利用によるコスト低減、EPA/FTAの利用手順
 
【講   師】 株式会社グローバル・ヴィレッジ 代表取締役 福島 光江 氏

【参 加 費】 
一般:3,500円
※ジェトロ会員は1社につき2名まで無料

【定   員】 50名(先着順) ※定員に達した場合のみご連絡します。
 
【申込方法】 
下記URLより詳細をご確認のうえ、「イベント申し込み」ページより必要事項をご入力のうえ、お申込みください。
※はじめてのお申し込みの方は「お客様情報登録」(無料)が必要です。
https://www.jetro.go.jp/events/yat/dcd0fce84abac965.html
 
【申込締切】 令和元年6月28日(火)23:59

【問合せ先】 
ジェトロ山形 (担当:町井、長谷川)
TEL:023-622-8225   FAX:023-623-1014
E-mail:yat@jetro.go.jp
2019.05.31
 県産地域特産物や加工品、こだわりの農産物、また、新たに販路開拓を検討している品目など、県産農産物の理解を深めるとともに販路開拓を支援するため、首都圏の外食産業等の実需者に対し、アピールする商談会を開催します。

◇ チラシ ◇

【日 時】
令和元年8月1日(木) 12:30〜16:00

【場 所】 
ホテルメトロポリタン エドモント
〒102-8130  東京都千代田区飯田橋3丁目10-8
HP:http://www.edmont.co.jp/

【対象者】 
ー鹽垠実需者 外食産業(料理店・ホテルなど)など 100名程度
∋碍糎出展者 生産団体、加工品メーカーなど 25団体程度

【対象品目】 
業務用(ロットの大小は問わない)として提案出来る以下のもの
・地域特産物(農畜産物・加工品)
・特別栽培などのこだわりの農産物及びそれらを原料とした加工品
・新たに販路開拓を検討している農畜産物及び加工品

【出展経費】 
出展料は無料。出展に要する諸経費は出展者負担となります。
また、加熱器具、調理用品は出展者において御準備ください。

【申込方法】
出展希望者は別紙申込書に記入のうえ、令和元年6月17日(月)まで、下記担当あてに申し込みをお願いします。
申込書(PDF版) …FAX又はメール
添付資料(FCP展示会・商談会シート【第3版】)…メール

※上記添付資料については、下記URLより取得いただくか、下記担当者までお問い合わせください。
(URL)http://www.food-communication-project.jp/result/

【その他】 
・実需者の要望により個別商談を実施する場合は、出展者に対し複数名での参加を依頼する場合があります。
・申し込み多数の場合は、別途調整させていただく場合があります。

【問合せ・申込先】  
おいしい山形推進機構事務局
担当:山形県農林水産部6次産業推進課 農産物流通販売推進課 佐藤光之輔
〒990-8570 山形市松波二丁目8番1号
TEL:023-630-2221  FAX:023-630-2431
MAIL satokon@pref.yamagata.jp
2019.05.30
 山形県唯一の重要港湾である酒田港は東北地方日本海側における対岸諸国との物流拠点として発展を続けています。
 “プロスパーポートさかた”ポートセールス協議会では、酒田港をご利用いただいてコンテナ貨物の取引を行う事業者様に、その実績に応じて経費の一部を助成しています。
物流の効率化、コスト削減に酒田港をご利用ください


◇ チラシ ◇


お見積もりや助成制度の詳細についてのお問合せ先


"プロスパーポートさかた"ポートセールス協議会
2019.05.27
 全日本漬物協同組合連合会(野崎伸一会長)が主催した『漬物グランプリ2019』において、本協議会会員が出品しておりました以下の商品が、みごと準グランプリ(農林水産省食料産業局長賞)と審査委員特別賞を受賞しました!
 漬物においては、「西の京都、東の山形」と評せられるように、山形県のレベルの高さを示す結果となりました。

開催レポート

【受賞内容】
準グランプリ(農林水産省食料産業局長賞)
「トマトマジェール」
株式会社三奥屋(高畠町、代表取締役社長 近 清剛)
・受賞ポイント 仝産原料使用への強いこだわり
          ⊆禺圓林蝋イ帽腓Δ茲Δ瞥良仕立て
          グローバル化を意識しインバウンド等にも対応

審査委員特別賞
「蔵王クリームチーズ粕漬(黒)」
株式会社本長(鶴岡市、代表取締役社長 本間 光太郎) 
・受賞ポイント ’燦でコクのある味わいに仕立て
          ▲錺ぅ鵑籠本酒にもあう新しい粕漬

【主催】 全日本漬物協同組合連合会

【特別協力】 日本食糧新聞社(漬物グランプリ2019実行委員会事務局)
2019.05.22
本県では、農林漁業者や食品製造業者等が連携して取り組む、県産農林水産物を活用した加工食品の新商品開発、既存商品のブラッシュアップ、販路の開拓・拡大に向けた取組みを支援します。

◇ チラシPDF ◇

【募集する事業の内容】
(1) 加工品開発支援事業 
(2) 新商品販路開拓支援事業 

【ご利用いただける対象者】
(1)県内で食品の生産活動を行っている「農林漁業者」
(2)県内で食品の生産活動を行っている「農林漁業者」であって、「食料品製造業者」(県内に主たる事業所を有し、県内の工場で製造する「食品製造業者」)と連携するもの又は「食料品製造業者」であって、県内で食品の生産活動を行っている「農林漁業者」と連携するもの
(3)上記)瑤廊△範携する県内に主たる事業所を有する「卸売業者」又は「小売業者」()瑤廊△了業者に製造委託する者に限る。)

【対象となる取組み】
○ 県産農林水産物を使用した県内製造の加工品開発・改良の取組み
○ 県産農林水産物を使用した県内製造の新商品の販路開拓への取組み

【補助対象経費】
(1) 加工品開発支援事業
○ 会議等開催費 ○ 調査検討費 ○ 新商品開発費・既存商品改良費 
(2) 新商品販路開拓支援事業 
○ 商談会・展示会への出展経費 ○ 販売促進活動費 

【補助額】
予算の範囲内で補助対象経費の2分の1以内又は50万円(補助事業が既存商品のパッケージの改良のみの場合は、20万円)のいずれか低い額

【応募期間】
令和元年5月8日(水)〜6月10日(月)

【交付要領等】
(1)交付要綱【PDF:103KB】
(2)公募要領【PDF:111KB】

【お問い合わせ】
山形県農林水産部6次産業推進課(担当:新事業創出担当)
TEL/FAX:023-630-2465/023-630-2431

▽詳しくは、山形県のHPをご覧ください。
2019.05.13
 令和元年6月6日(木)やまがた食産業クラスター協議会総会後、16時より講演会・交流会を開催いたします。講師に公益財団法人流通経済研究所の折笠俊輔氏を迎え、「山形の地域色を活かした商品開発と販路戦略」と題し、ご講演いただきます。その後17時15分より、情報交換の場として会費制の交流会も行いますので、県内の農林漁業者、食品製造会社、流通・小売観光関連事業者の皆さま是非ご参加ください。
   
【日時】 
令和元年6月6日(木)
講演会  16:00〜17:00  霞城の間(4階)
交流会  17:15〜18:45  霞城の間(4階)

【場所】 メトロポリタン山形
     (山形市山形県山形市香澄町一丁目1番1号 TEL:023-628-1111)

【内 容】
(1)講演会  16:00〜17:00  霞城の間(4階)
演題:「山形の地域色を活かした商品開発と販路戦略」
    講師:公益財団法人流通経済研究所  主任研究員  折笠 俊輔 氏
【講師プロフィール】
福島県郡山市出身。早稲田大学商学部卒業。
筑波大学大学院ビジネス科学研究科修士課程修了。
精密機器メーカーを経て、2010年より現職。
日本農業経営大学校 非常勤講師。(マーケティング・営業戦略)
小売業の購買履歴データ分析、農産物の流通・マーケティング、地域ブランド、買物困難者対策、地域流通といった領域を中心に、理論と現場の両方の視点から研究活動・コンサルティングに従事。

(2)交流会 17:15〜18:45 霞城の間(4階)
    会員相互における連携の促進に向けた情報交換の場の提供(会費制)
 
【参加費】
交流会 ……………………1人あたり 5,000円
※講演会の参加は無料です。

【お申込み】
申込用紙(PDF)に必要事項をご記入のうえ、5月24日(金)までにFAXにてお申込みください。

【お問合せ先】
やまがた食産業クラスター協議会 担当:蔵増
山形市緑町1−9−30
TEL:023−679−5081  FAX:023−679−5082
2019.05.09
やまがた食産業クラスター協議会

〒990-0041 山形市緑町一丁目9番30号 TEL:023-679-5081 FAX:023-679-5082
ペロリンペロリン
「ペロリン」は山形県農産物等統一シンボルマークです。

合計3,493,331件 (2010.02.03〜) 記事1,040頁 今日1944件 昨日1068件 [login] Powered by samidare